トップページ > 新着情報

  • 事務所案内
  • 労働・社会保険の手続き
  • 就業規則 作成・変更
  • 助成金・創業支援
  • 建設業務可
  • 労務相談
  • 報酬案内

新着情報

新着情報

 

★★労働保険関係各種様式を更新(厚労省)★★
(2018年4月25日)

 厚生労働省のホームページに掲載されている「労働保険関係各種様式」において、次の書類が更新されました(平成30年4月23日公表)。

・海特様式第1号 「第3種特別加入保険料申告内訳」
・海特様式第2号 「第3種特別加入保険料申告内訳名簿」
・平成29年度 確定保険料・一般拠出金算定基礎賃金集計表

 なお、「労働保険関係各種様式」のページには、年度更新申告書計算支援ツールも用意されています。

 今年も、年度更新の時期が近づいてきましたが、それに向けて、このページはチェックしておくとよいかもしれません。

<労働保険関係各種様式(厚労省HP)>
≫ http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudouhoken01/yousiki.html


◆◆◆アクア人事労務サポートのブログ更新中(ここクリック)◆◆◆ (2018年4月20日)

◆◆◆アクア人事労務サポートのブログ更新中(ここクリック)◆◆◆は詳しくはこちらから


★★毎月1回週休3日制 大手広告会社で試験導入★★ (2018年4月20日)

 「大手広告会社の電通が、平成30年6月から週休3日制を毎月1回、試験導入することを発表した。」との報道がありました。

 この施策は、同社の労働環境の改善に向けた働き方改革の一環で、毎月第2週か第3週の水曜日か金曜日を独自の休日「インプットホリデー」とするもの。本年12月まで実施し、社員へのアンケートなどで効果を確かめた上で制度を続けるかを検討するとのことです。

 同社は、2015年末に新入社員が過労自殺した問題を受けて、労働環境の改革に取り組んでおり、2017年には業務プロセスの改善・スリム化やオフィス環境の改善など50以上の施策を講じ、その結果、2017年の一人当たり総労働時間が2,031時間(前年対比で135時間削減)になるなど、一定の成果を挙げているようです。

 2018年も、更なる労働環境改革に取り組むとのことで、「インプットホリデー」もその一つです。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 参考となる施策があるかもしれません。
<当社が推進する労働環境改革の新たな施策について(電通のニュースリリース)>

http://www.dentsu.co.jp/news/release/2018/0416-009523.html


★★セクハラの防止措置などを再確認しておきましょう★★ (2018年4月20日)

「平成30年4月18日、セクハラ(セクシュアルハラスメント)で財務事務次官が辞任」という話題が新聞紙面などをにぎわせています。

 この話題、純粋な職場におけるセクハラとは違う意味合いがあるかもしれませんが、被害者への配慮(プライバシーの保護など)が必要とされることなどを再認識された方もいらしゃるかもしれません。

 厚生労働省の「事業主向けのセクシュアルハラスメント対策」のパンフレットでも、対策の一つとして「当事者等のプライバシー保護のための措置の実施と周知」が必要としており、たとえば、次のような措置を講じることを求めています。

○相談者・行為者等のプライバシー保護のために必要な事項をあらかじめマニュアルに定め、相談窓口の担当者が相談を受けた際には、そのマニュアルに基づき対応するものとすること。
○相談者・行為者等のプライバシーの保護のために、相談窓口の担当者に必要な研修を行うこと。など

 これを機に、今一度、どのような行為がセクハラに該当するのか、どのようなセクハラ防止措置を講ずる必要があるのかなど、セクハラに関する基本事項を確認しておきましょう。

<事業主の皆さん 職場のセクシュアルハラスメント対策はあなたの義務です!!(厚労省パンフレット)>

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/00.pdf


★★雇用保険手続にはマイナンバー記載が必須(平成30年5月〜)Q&A公表★★ (2018年4月13日)

 厚生労働省から、重要なお知らせとして、「雇用保険手続の際には必ずマイナンバーの届出をお願いします」というリーフレットが公表されているこは、度々お伝えしています。

 平成30年5月以降は、雇用保険被保険者資格取得届などマイナンバーの記載が必要な届出等について、マイナンバーの記載がない場合には、返戻する場合があるとのことです。

 なお、当該届出等に係る従業員について、既にその他の届出等の際にマイナンバーを届け出ている場合などには、各届出等の欄外等に「マイナンバー届出済」と記載すれば、マイナンバーの記載を省略することが可能とされています。
  
 このことについて、より詳しい内容がわかるQ&Aが公表されました(平成30年4月11日公表)。

 詳しくは、こちらでご確認ください。
<雇用保険業務等における社会保障・税番号制度の対応に係るQ&A>
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/2018QA_2.pdf

〔確認〕(重要なお知らせ)雇用保険手続の際には必ずマイナンバーの届出をお願いします(厚労省)
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/20180309hoken_8.pdf


 
 

ページのトップへ