トップページ > 新着情報

  • 事務所案内
  • 労働・社会保険の手続き
  • 就業規則 作成・変更
  • 助成金・創業支援
  • 建設業務可
  • 労務相談
  • 報酬案内

新着情報

新着情報

 

★★成人年齢18歳 改正民法が成立★★
(2018年6月14日)

 成人年齢を20歳から「18歳」に引き下げることを柱とする「民法の一部を改正する法律案」が、2018(平成30)年6月13日の参議院本会議で、与党などの賛成多数で可決・成立しました。

 この改正は、周知期間を経て、2022年4月1日に施行されることになっています。

 成人年齢は、1896(明治29)年に民法が制定されて以来、20歳と定められてきました。これは、1876(明治9)年の太政官布告を引き継いだものといわれています。
 成年年齢の見直しは、民法が制定されてから約120年ぶり(明治9年から考えると約140年ぶり)ということになります。
 これにより、18、19歳の職業選択の幅が広がるなど権利が拡大することになります。

 なお、現在、未成年者が禁止されている飲酒、喫煙や公営ギャンブルは、20歳未満禁止のままとなります。

 また、女性の結婚年齢は、16歳から引き上げられて男女とも18歳となりますが、これまで20歳未満の結婚に必要だった「親の同意」は不要となります。

 一方、20歳未満を少年とし、大人と違う扱いをしている少年法の対象年齢を18歳未満に引き下げることについては、今後の課題として、検討が続けられることになっています。

 「少子高齢化が急速に進むわが国において、若年者の積極的な社会参加を促し、その自覚を高める」という政策の一環ということですが、さまざまな制度に影響を及ぼすことになりますね。


 法務省から案内がありましたので、詳しくはこちらをご覧ください。

<民法の一部を改正する法律(成年年齢関係)について>

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00218.html


◆◆◆アクア人事労務サポートのブログ更新中(ここクリック)◆◆◆ (2018年6月7日)

◆◆◆アクア人事労務サポートのブログ更新中(ここクリック)◆◆◆は詳しくはこちらから


★★平成30年度の算定基礎届の記入・提出ガイドブックを公表(日本年金機構)★★ (2018年5月28日)

 日本年金機構から、「算定基礎届の記入・提出ガイドブック(平成30年度)」が公表されました(平成30年5月24日公表)。

 平成30年3月5日施行の改正で年金分野でのマイナンバーの利用が開始されたことに伴い、平成30年度の算定(年度更新)においては、届出様式が新しくなっています。

 今回公表されたガイドブックでは、記載例も、新たな様式に沿ったものとなっています。
 7月初旬の算定基礎届の提出に向けて、当該手続に携わる方におかれましては、確認しておく必要があるでしょう。

 詳しくは、こちらをご覧ください。
<ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。算定基礎届の記入・提出ガイドブック(平成30年度)>
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/kenpo-todoke/hoshu/20141225.files/santeiguideH30.pdf


★★雇用保険に関する業務取扱要領を更新〔平成30年5月以降版を公表〕(厚労省)★★ (2018年5月25日)

 厚生労働省が公表している「雇用保険に関する業務取扱要領」が、平成30年5月1日以降版に更新されています。
 これは、雇用保険法の各規定について、行政手引(通達のようなもの)を列挙したもので、定期的に更新が行われています。

 かなり細かい内容ですが、雇用保険に関する業務について迷ったことがあれば、これで確認するとよいと思います。

 今回の更新では、厳格化されたマイナンバーの取扱い(適用関係:第24参照)なども追加されています。

 詳しくは、こちらをご覧ください。
<雇用保険に関する業務取扱要領(平成30年5月1日以降)>
≫ http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/koyouhoken/data/toriatsukai_youryou.html


★★平成30年度の被扶養者資格の再確認・マイナンバーの確認 6月中旬から実施(協会けんぽ)★★ (2018年5月24日)

 協会けんぽでは、高齢者医療制度における納付金及び保険給付の適正化を目的に、健康保険の被扶養者となっている方が、現在もその状況にあるかを確認するため、毎年度、被扶養者資格の再確認を実施しています。

 平成30年度は、これに加えて、被扶養者及び70歳以上の被保険者のうち、協会けんぽが管理している基本情報と住民票の情報が相違している等の理由から、マイナンバーの確認ができない方について、マイナンバーの確認作業を同時に実施するとのことです。

 平成30年6月中旬より、順次、「被扶養者状況リスト」、「マイナンバー確認リスト(マイナンバーが未取得となっている方がいる場合)」を、各事業主に発送するとのことです(当初は、同年6月上旬発送予定でした)。

 提出期限は、被扶養者状況リストが平成30年8月17日、「マイナンバー確認リスト」は平成30年6月29日となっています。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<6月中旬より被扶養者資格の再確認及びマイナンバーの確認を実施します>
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g5/cat590/20180331


 
 

ページのトップへ